嫁 不倫

MENU

嫁の不倫

嫁の不倫が怪しいときの証拠確保と慰謝料請求。上さんの不倫がいぶかしい折りは、明らかな裏付け握りしめる。法的に認められるエビデンス握りしめるまでは、密会を認識しているということを伝えない方がいい。

 

ママが不義をしているのではないかと怪しんだ時、往々にして家内が使用しているスマートフォンを点検して、男と怪しいメールのやり取りをしているかどうか、旅行のスケジュールがないかどうか確認しますよね。

 

他にも、嫁が持っているポーチにGPSを付けたりして、行く先を見張るということもされると思います。

 

けど、それでは法律的に確固たる密通の裏付けになり得ないことを分かっていますか?。

 

ハズバンドにとっては、家内が姦夫と怪しいメールのやり取りをしていて、愛してるとか語り合っていたら、それはもはや姦淫と判断しますよね?。

 

まして、ワイフの浮気がいぶかしいということでGPSで振る舞いをマークしているその時間に位置情報が宿泊施設に長くいたら、激憤してしまいますよね。

 

だけれども、賠償面では「不貞行為」が事実でなければ、不貞とは評価されません。

 

浮気相手とワイフが性交渉をしていた場合に、法律的な立場から浮気と評決されます。

 

逆に、ワイフが密夫と性交渉をしていないなら、情事だと言って激しく詰め寄ると、こちらの方が都合悪くなってしまう。

 

嫁の不倫が疑わしいときは証拠確保が先決

 

エビデンスが不足である状況のまま、嫁の浮気を詰問してとちった案件紹介。

 

家内が車のシートの上で誰かとキッスしていたにも関わらず・・・。

 

嫁はんの帰ってくる時間が真夜中になったので、職場に駆けつけてみたところ、もはや閉まっていました。

 

車を置く場所に奥さんの愛車があり、よりによって奸夫とディープキスをしているのです。

 

こちらは人事不省しそうになってしまいました。

 

激高のあまり、サイドドアをオープンして激しい声で叱咤して、密夫のビジネスカードを提示させ、慰謝料主張をしました。

 

だけれども、2週間後に密夫のロイヤーから通知が来て、あなたがした言動は脅迫罪に該当するから、当局に被害届を送付すると言われました。

 

それに、車のシートの上で接吻していただけだと不貞行為に相当しないので、浮気の慰謝料を支弁する債務は無いというのです。

 

私は尋常ではなく当惑しました。

 

妻が誰かと接吻しているにもかかわらず、それが不貞行為に当てはまらないとはおかしいじゃないかと憤りました。

 

最終的な結果としては、示談になったのですが、当方と致しましては屈辱的な思いです。

 

嫁の不倫が確実なときの慰謝料請求

 

嫁はんの不貞が不審に思う折りの対処メソッド。

 

ママの情事が露顕した際はなんとも呆然とした状態ですよね。

 

嫁の態度が公然とよそよそしくなってしまって、結婚の間柄が退転してきたと嗅ぎ取り始めていたら、絶え間なく電話を操作するようになって、ハウスキーピングや子どもの面倒を見ることをそんなにすることがなくなって、深夜帰りすることが沢山になった時。

 

女夫の行為が無くなり、トークがあまりなくなった。

 

亭主とのベッドの関係はからっきし無くなったにもかかわらず、露出の多い下着類が多量になってきて、いい香りがする香水をつけて色っぽい服で、朝方まで友だちと出かけることが多くなってきたとき。

 

男にとっては、判然と浮気をしているようにしか感じないのだけれど、根拠が無いにもかかわらず問い詰めてもはぐらかされてしまう。

 

しかし、今の状態で看過していると私が落ち込んでしまう。

 

さらには、子どもにもマイナス。

 

嫁の不倫を問い詰める時の失敗例

 

プルーフが不適切である状態で、嫁さんの姦淫を責めて失敗した場合紹介。

 

音声録音機に記録した奸夫とワイフの淫乱な会話。

 

上さんの態度が怪訝になり、ボイスレコーダーを鞄に入れておいたりしておきました。

 

帰ってきて聞いてみると、誰かと性の営みをしているようね会話が確認できました。

 

こういったことは断固たる裏付けだと決めつけて嫁はんに追い込んだら、密会を白状しました。

 

ところが、いざ密夫へ慰謝料求めをしようとしたら、ひょいと姿勢を曲げたのです。

 

旅館へは自分ひとりで入り、男と共にではないと。

 

そのような言い訳は馬鹿げていると思いましたが、ロイヤーにコンサルテーションしてもらってみても、帰するところ二人でラブホに泊る現場を動画撮影などドキュメントに取っておかないと、裁判で法的に認められる不貞の裏書きと決めつけられないという回答。

 

嫁の不倫に復讐し制裁したいとき

 

仮に家内の不貞が露顕しても、自分自身でリベンジは避けてください。

 

なぜかというと、自らで懲らしめを加えようとすると、自らの立場が悪くなってしまうからです。

 

相手が間違っているからといって、嫁はんを激しく叫んで叱りつけてしまった時には、DV(家庭内暴力)と理解されて離婚裁判をされたときなどに尋常ではなく弱い立場になります。

 

凄まじい語気で責められたので心の病を患ったと診断書を医者に書かれて、上さんが法廷に手渡してしまう場合もあります。

 

もしくは、間男のことを打倒してやりたいと怒りに燃える方もいるのは当然の成り行きですが、密夫へ身体的ダメージを加えてしまうと自分が逮捕者になってしまいます。

 

もしも暴挙を働かなかったとしても、大きな声でどなりつけてしまった時には脅迫罪で逮捕されることもあります。

 

自らで制裁を与えると、さね悲惨な結末になることが大方である。

 

更新履歴