嫁 浮気

MENU

嫁の浮気を確かめ制裁したい

嫁の浮気を確かめ制裁したい。ママの不倫が不審に思う場合の対応方法。上さんの不倫が露呈した際は甚だ呆然とした状態ですよね。ワイフのスタンスがすごく冷やかになってしまって、夫婦の連携が劣化してきたと勘づき始めていたら、いつも携帯を操作するようになって、整理整頓や子どもの面倒を見ることをおおよそしなくなって、外出することがしばしばになったとき。

 

女夫の愛を深める行為がリジェクトされるようになり、談笑がほとんどなくなった。

 

ハズバンドとの性交はつぶさにすることがなくなったにもかかわらず、官能的なアンダーウェアが豊富になってきて、香しい香油をつけてオシャレな洋服で、ミッドナイトまで知友と飲みに行くことが再三になってきたとき。

 

嫁の浮気

 

明確な証拠が不適当であるまま、上さんの密通を責めてペケになった事例紹介。

 

ボイスレコーダーへ記録した間男と上さんの性行為時の会話。

 

妻の家庭生活が不審になり、ボイスレコーダーをバックに付けたりしておきました。

 

後になって聴いてみると、間男と性交しているとしか思えない会話が聴こえてきました。

 

こういうのは確固たる明確な証拠だと決めつけて嫁に問いただしたら、密通を認めました。

 

ところがどっこい、いざ密夫に対して慰謝料の請求をしようとすると、俄然姿勢を変えてきたので。

 

ラブホテルに一人で滞在して、密夫とペアではないと。

 

そんなのは通用しないと感じましたが、ロイヤーに仰いでみても、帰するところ二人でラブホに泊る現場を激写するなど資料として保存しておかないと、賠償面で確定的な密通のプルーフと見なされないという回答。

 

嫁 浮気記事一覧

嫁の浮気の証拠を掴んで慰謝料請求。仮に上さんの密会が突き止められたとしても、自らで報復は止めましょう。なぜなら、自分で懲罰を加えると、あなたの立場が弱くなってしまうからです。相手が悪いからと言って、家内を絶叫して叱りつけてしまった時には、家庭内暴力と見なされて離婚裁判に訴えられたときに尋常ではなく弱い立場になります。激しい語調で糾弾されたので精神障害になったと診断書を医療機関で書かれて、妻が法廷に...